安心してカードローンを利用しよう〜アンシンカードマン〜

知らないと損をする

貯金箱

借りて終わりではなく、返済までが融資になるためカードローン金利計算法は頭の中へ入れておきましょう。また、どれぐらいお金を返済しているのかがカードローン金利計算で知ることができるため、より計画性を持ちながら返済することができます。詳しい計算方法ですがまず、元金を先に設定しておくことが重要です。元金とはカードローンで実際に借りている額を言い、ここに金利を足す形になります。金利ですが、日歩、月利、年利の三つに分類され、カードローンの場だと主に年利が使われます。この年利でいくらの融資を受けるのかが把握できるようになると、自身がこれから返済する金額を正しく出すことが可能となります。ここで大事なことは、金利計算の時点で、何日の借入があったかという情報です。そのため、カードローン金利計算をする場合は、計算に必要な数字を前もって把握しておくことが重要でしょう。

カードローン金利計算は、利息=元金×金利×借入期間です。この方法で計算をすれば、正しい数字を出すことができます。例として、元金が30万円あると金利は最高で18%になります。一ヶ月使い返済をした時の計算方法は、利息=30万円×18.0%÷365日×60日になり、出てきた数字は8千円程度になります。短期間で返済をするとたったの4千円程度になりますから、少しでも金利を抑えたい場合、できるだけ融資期間を短くするようにしましょう。カードローン金利計算で出てきた数字が高いと感じた場合、無利息サービスを使う手もあります。この方法だと元金だけの返済になるため、負担軽減に役立ちます。

Copyright© 2017 安心してカードローンを利用しよう〜アンシンカードマン〜 All Rights Reserved.